メガネの正しい洗い方

メガネを長持ちさせるには定期的なお手入れが欠かせませんが、レンズの汚れが気になったときにレンズを拭く程度のお手入れしかしていないという方も多いかと思います。しかし、レンズに汚れが付着した状態でメガネ拭きを使ってしまうとレンズを傷つける原因となるため、メガネは定期的に洗浄することが大切です。

自宅でメガネを洗浄する場合、まず水道水を直接メガネにかけてホコリや花粉などを落とします。レンズに脂汚れや化粧汚れが付着している場合、水道水のみで汚れを落とすのは難しいので台所用の中性洗剤を使いましょう。レンズの片面に中性洗剤を1滴ほど垂らして、指の腹で優しくこすって再度水道水をかければ脂汚れや化粧汚れも落とすことができます。レンズやフレームの汚れが落とせたら、吸水性のあるタオルやティッシュなどを軽くあてて水分を取ります。最後に、綺麗なメガネ拭きで仕上げ拭きを行えばお手入れ完了です。

メガネを洗う際の注意点

上記の手順に従って定期的に洗浄すればメガネを長く使うことができますが、誤った方法で洗ってしまうと逆にメガネを傷つける原因となるので注意が必要です。まず行ってはいけないのは、お湯で洗うことです。水よりもお湯の方が汚れが落ちそうに感じますが、お湯で洗ってしまうとレンズ表面の反射防止コートといった被膜が剥がれてしまう恐れがあるので、お湯ではなく水で洗うようにしましょう。

また、アルカリ性や弱アルカリ性の洗剤を使うのも避けてください。これらの洗剤を使うと、お湯で洗った場合と同様にレンズ表面の被膜が剥がれてしまう恐れがあります。レンズ表面の被膜が剥がれてしまうと修理で元に戻すことはできず、レンズを交換するしかなくなるので、メガネを洗う際は必ず中性洗剤を使うようにしましょう。